MIDO YŌGANJI
御堂 陽願寺
創建550周年

蓮如上人
ゆかりの地で
永遠の安らぎを

  1. HOME
  2. 御堂陽願寺 蓮如堂(納骨壇)

御堂陽願寺 蓮如堂(納骨壇)

国登録有形文化財

武生の名刹、蓮如上人ゆかりの陽願寺。
蓮如堂は、蓮如上人の御分骨をお納めしてあるとともに、浄土真宗の御門徒の遺骨を蓮如上人の御廟所に特別にお納めすることができます。

蓮如上人御遺骨

実如上人御消息(蓮如上人遺言書)

蓮如上人がお亡くなりになられたあと、本願寺九世実如宗主より送り届けられた御消息(お手紙)と蓮如上人の御遺骨。
御消息には、蓮如上人の遺言として、自らの御骨を陽願寺開基・善鎮上人に送り届け、自ら(蓮如上人)を思い出したら、越前国で正しいお念仏のみ教えを弘めてほしいという願いが書かれています。
蓮如上人が生涯をかけて大切にされたお念仏のみ教えを大切にいただき、共に生かさせていただきましょう。

蓮如堂は、蓮如上人の御分骨をお納めしてある御廟所であり、浄土真宗のご門徒の遺骨をお納骨することができます。
建物は、昭和初期に建立された鉄筋コンクリート造で、当時の福井の建築設計会を牽引した伊藤貞氏により設計された質の高い建造物であり、国登録有形文化財として保存されています。
特別な場所である堂内に個人毎の納骨壇を持ち、お納骨していただくことができます。
申し込み条件
浄土真宗の門徒の方に限ります
一部お断りする場合がございます

特別壇

漆風の黒扉に金箔調の欄間彫刻が美しい伝統的な納骨壇です

区画内寸
高さ470×幅460×奥行601(仏壇スペース271 納骨230(2段))

永代使用冥加金  80万円

年間管理冥加金  4000円

※陽願寺門徒の方はご相談ください

多段壇

黒を基調とした納骨棚が立ち並ぶ、スマートな空間です

区画内寸
高さ286×幅320×奥行601

永代使用冥加金  40万円

年間管理冥加金  3000円

※陽願寺門徒の方はご相談ください