境内

御堂(本堂)

御堂(本堂) 御堂(本堂)

十三間四面。安政三年(1856)築。欅造り。直径41センチの欅太柱を使用。前御堂(本堂)は嘉永5年(1856)府中の大火により全焼。屋根は、火の粉を避けるため、従来の入母屋形をやめ、京・奈良風の寄せ棟造りとする。平成12年陽願寺蓮如上人五百回大遠忌法要を機に大改修が行われた。
御堂内 御堂内

平成25年におつとまりになる陽願寺親鸞聖人七百五十回大遠忌法要を機に、平成24年より9か月に亘り内陣の大改修が行われた。
宮殿・修彌壇等 宮殿・修彌壇等
内陣・左余間 内陣・左余間

山門・納骨堂・蓮如上人銅像

山門 山門

明治六年、幕府直轄地である本保陣屋の門を、当寺に移築。
納骨堂 納骨堂
蓮如上人銅像 蓮如上人銅像

庫裡

式台 式台
庫裡内(上段の間) 御殿(上段の間)
庫裡内(上段の間) 対面所(大広間)
庫裡内(上段の間) 内仏間

庭園

秋季 秋季

樹齢三百年を超えるカシやモミジなどの大木がそびえ、深山幽谷を感じさせる。
当山第十三世広流(澤揚)が華道に優れ作庭したと伝わる。
冬季 冬季
春季 春季

境内図

境内図

明治期見取図
見取図(明治期)

Copyright© 陽願寺 All Rights Reserved.

〒915-0823 福井県越前市本町3-10
電話:0778-22-0981(代表) FAX:0778-22-0986